【叩頭三拝】こうとうさんぱい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[叩頭三拝]の意味です

  • 意 味:頭を地につけて何度もお辞儀をすること。
  • 由来 / 語源:敬意や謝意の非常に深いことを表す行為。「叩頭」は、頭を地につけてお辞儀をすること。「三拝」は、何度も繰り返してお辞儀をすること。
  • 出 典:
  • 使い方 / 例文:世に時めいて故郷へ足を踏み入れようとするやつを叩頭三拝して迎えるなぞというさもしい了簡ではない。(尾崎士郎『人生劇場風雲篇』)
  • 類義語:
    三跪九拝(さんききゅうはい)
    三拝九叩(さんぱいきゅうこう)
    三跪九叩(さんききゅうこう)
    平身低頭(へいしんていとう)
  • 対義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=

       
       



[2022年_令和4年] 関連リンク

2022年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2022年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2022年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2022年の《人生運》を四字熟語で占おう