【古今独歩】ここんどっぽ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[古今独歩]の意味です

  • 意 味:昔から今に至るまで及ぶものがないさま。他に比べるものがない。
  • 由来 / 語源:「独歩」は、他に並ぶものがないほどすぐれていること。
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文:孫子は戦術の用法について、古今独歩といえるような方策を考え出した。
  • 類義語:
    古今無双(ここんむそう)
    古今無類(ここんむるい)
    海内無双(かいだいむそう)
    古今無比(ここんむひ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=