【沙中偶語】さちゅうのぐうご

《スポンサードリンク》
 

▼これが[沙中偶語]の意味です

  • 意 味:臣下が謀反を企てる談合をすること。人気のない砂地に集まり、額を突き合わせて相談する意から。
  • 由来 / 語源:「沙中」は砂の中、人のいない砂地の中。「偶語」は向かい合って語る、相談する。対話。「沙」は「砂」とも書く。
  • 【故事】 中国漢の高祖が王朝を開いたとき、大功のある者は侯に封じたものの、その他の者が勲功を争い、論功行賞を行えずにいたところ、その家臣の中に砂地に座って、ひそかに謀反の相談をしていた者がいたという故事から。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『史記』留侯世家(りゅうこうせいか)
  • 使い方 / 例文:沙中偶語のたくらみが発覚する
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう