【残山剰水】ざんざんじょうすい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[残山剰水]の意味です

  • 意 味:戦乱などの後に残された荒廃した山河のこと。亡国の風景。また、全景を描ききらず、部分的に描くことで、かえって自然の雄大な景観を表現する山水画の描法。この場合は、山河を描ききらずに残す意。
  • 由来 / 語源:「残」「剰」は、ともに、損なわれ残っている意。「水」は、川の意。「剰水残山(じょうすいざんざん)」ともいう。山や川の全体を描かずに、一部分を描いて雄大な自然を表現する技法をいう。
  • 出 典:杜甫の詩
  • 使い方 / 例文:庭園の枯山水や石庭は、水墨画のいわゆる「残山剰水」、花鳥画の「折枝」という構図方式の自然を相手にしての適用であろう。(唐木順三『日本人の心の歴史』)
  • 類義語:剰水残山(じょうすいざんざん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう