【櫛風沐雨】しっぷうもくう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[櫛風沐雨]の意味です

  • 意 味:風雨にさらされながら、苦労することのたとえ。また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえ。
  • 由来 / 語源:「櫛風」は、風を櫛の代わりにして髪をとくこと。「沐雨」は、雨で体を洗うこと。「沐雨櫛風(もくうしっぷう)」とも言う。
  • 出 典:『荘子』
  • 英訳 / 英語:struggling through wind and rain; undergoing hardships
  • 使い方 / 例文:三十年間の櫛風沐雨で、銅のように焼け爛れた幸太郎の双頬を、大粒の涙が、ほろりほろりと流れた。(菊池寛『仇討ち三熊』)
  • 類義語:
    櫛風浴雨(しっぷうよくう)
    風櫛雨沐(ふうしつうもく)
    沐雨櫛風(もくうしっぷう)
    風鬟雨鬢(ふうかんうびん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:『海辺のカフカ』
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=