【熟読玩味】じゅくどくがんみ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[熟読玩味]の意味です

  • 意 味:詩文や物事の意味・道理などをよく考え味わうこと。文章をていねいに読み、意味、内容を深く味わうこと。
  • 由来 / 語源:「熟読」は繰り返し、じっくり読むこと。「玩味」は、食べ物をよく味わうという意味で、そこから物事の意味や道理を理解することをいう。
  • 英 訳:read with appreciation
  • 使い方 / 例文:原文を熟読玩味した与謝野晶子ならではの『源氏物語』の現代語訳が上梓された。
  • 類義語:眼光紙背(がんこうしはい)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう