【小人閑居】しょうじんかんきょ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[小人閑居]の意味です

  • 意 味:つまらぬ人間は暇を持て余して、とかくよからぬことをしがちであるの意。
  • 由来 / 語源:「小人」は「君子・大人(たいじん)(ともに、有徳者・人格者の意)」に対する語で、徳のない品性の卑しい人のこと。「閑居」は仕事もなくて暇でいること。「小人閑居して不善をなす」と使う。場合によっては「小人間居」とも書く。
  • 出 典:『大学』
  • 英 訳:By doing nothing we learn to do ill. (小人閑居して不善をなす)
  • 使い方 / 例文:夫婦差向ひの家庭、殊に植民地あたりの家庭は先づ用が無いものだ。用が無いから、ソコデ小人閑居して不善を為す、…(内田魯庵「家庭の読書室」)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう