【精衛填海】せいえいてんかい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[精衛填海]の意味です

  • 意 味:人ができそうもないことを企てて、結局それが無駄に終わること。また、いつまでも悔やみ続けること。
  • 由来 / 語源:「精衛」は、古代炎帝えんていの娘が溺死できしして変身したという小鳥の名。「填海」は海をうずめる意。意志の強固なことにも用いる。「精衛せいえい海うみを填うずむ」と訓読する。
  • 【故事】 中国古代の伝説上の皇帝炎帝の娘、女娃じょあが東海で溺おぼれて死んでしまった。その女娃は精衛という名の小鳥に変身して、常に西山の小石や小枝をくわえては、自分の溺れた東海をうずめようとしたが、とうとうその効果はなかったという伝説から。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『山海経(せんがいきょう)』北山経(ほくざんきょう)
  • 使い方 / 例文:精衛填海と笑われようと、蟷螂の斧と言われようとかまわない。私は計画を遂行する。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=