【孫康映雪】そんこうえいせつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[孫康映雪]の意味です

  • 意 味:苦労して勉学に励むことのたとえ。苦学すること。
  • 由来 / 語源:「映雪」は雪明かりで書物を照らす意。晋しんの孫康が雪明かりで読書したこと。車胤しゃいんとともに「蛍雪之功」の故事で知られる。『蒙求もうぎゅう』の一句。
  • 【故事】 孫康は家が貧しかったため、灯をともす油が買えず、雪を集めてその光で勉強したという故事から。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『初学記(しょがくき)』二に引く『宋斉語(そうせいご)』
  • 使い方 / 例文:彼は孫康映雪の苦労の末に学業を修め、今の地位を得るに至った。
  • 類義語:
    蛍雪之功(けいせつのこう)
    蛍窓雪案(けいそうせつあん)
    車蛍孫雪(しゃけいそんせつ)
    車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)
    苦学力行(くがくりっこう)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=