【糟糠之妻】そうこうのつま

《スポンサードリンク》
 

▼これが[糟糠之妻]の意味です

  • 意 味:貧しい時から、一緒に苦労をしてきた妻。
  • 由来 / 語源:【故事】 「糟糠」は酒かすと米ぬかで、粗末な食事の形容。中国後漢の光武帝(こうぶてい)が家臣の宋弘と姉を結婚させようとしたところ、宋弘が「糟糠の妻は堂より下さず(苦労をともにした妻は、富貴になったのちも離縁してはいけない)と聞いております」と、辞退したという故事から。
  • 出 典:『後漢書』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文:人気スターになったとたん、長年の下積み生活を支えてきた糟糠之妻を離縁するとは、ひどい男だ。
  • 類義語:糟粕之妻(そうはくのつま)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=