【創業守成】そうぎょうしゅせい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[創業守成]の意味です

  • 意 味:新しく事業を始めることと、それを守って維持していくこと。
  • 由来 / 語源:「創業」は事業を新しく興すこと。「守成」は成果を守るいう意味から。「創業は易く、守成は難し」を略した言葉。
  • 【故事】 唐の太宗(李世民・二代皇帝)が「創業(王朝を打ち立てること)と、守成(それを維持すること)と、どちらが難しいか」と質問したところ房玄齢(ぼうげんれい)は「創業難し」と答え、魏徴(ぎちょう)は「守成難し」と答えた故事による。
  • 出 典:呉兢『貞観政要』論君道
  • 英 訳:starting an enterprise and (or) carrying it to final success
  • 使い方 / 例文:父が興した事業を継ぐにあたり、創業守成の心構えについてこんこんと説教された。
  • 類義語:創業守分(そうぎょうしゅぶん)
  • 漢検出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=