【託孤寄命】たくこきめい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[託孤寄命]の意味です

  • 意 味:父に死なれ、幼くして即位した君主の補佐を頼み、国政をゆだねられる重臣のこと。国の大事を信頼してまかせること。また、それができる人のこと。
  • 由来 / 語源:王位を持つ父親に死なれ、幼い内に王位を継いでも、その補佐として政治の全てを任せることのできる重臣という意味から。「託」は頼む、ゆだねる。「孤」は父をなくした者。「託孤」は孤児を頼む意。「寄命」は政治をゆだねること。「孤こを託たくし命めいを寄きす」と訓読する。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『論語(ろんご)』泰伯(たいはく)
  • 使い方 / 例文:専務は先代社長に託孤寄命と見込まれ、会社の行く末を任された人である。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=