【端木辞金】たんぼくじきん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[端木辞金]の意味です

  • 意 味:納得のいかない金は受け取らないということ。
  • 由来 / 語源:「端木」は孔子の弟子の子貢しこうの姓。「辞金」は金を受け取ることを辞退すること。「端木たんぼく金きんを辞じす」と訓読する。『蒙求もうぎゅう』の一句
  • 【故事】 中国春秋時代、魯ろの国の法律では、他国で使われている魯国の召し使いを買い戻す場合、その代金は国からの公金を使うように決められていた。しかし、子貢はこのことを潔白な行いではないとして、公金を受け取ることを辞退し、私財によって買い戻した。しかし、孔子は魯の国には貧しい人が多く、公金によって人を買い戻すのが清廉でないとすると、いったい何によって諸侯から人を買い戻すことができるのかと諫いさめたという故事から。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『孔子家語(こうしけご)』致思(ちし)
  • 使い方 / 例文:政治家の献金問題のニュースを聞くたび、現代政治家には端木辞金の精神はないものかと失望をおぼえる。
  • 類義語: 
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう