【鋳山煮海】ちゅうさんしゃかい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[鋳山煮海]の意味です

  • 意 味:山の銅を採掘して銭を鋳、海水を煮て塩を造る意。山海の産物が豊富であること。また、多くの財貨をたくわえるたとえ。自然の資源を開発することに長たけているたとえにも用いる。
  • 由来 / 語源:「鋳山」は山の銅を採り、それを溶かして貨幣を造ること。「煮海」は海水を煮て塩を造る意。「山やまを鋳い、海うみを煮にる」と訓読する。「山」は「ざん」とも読む。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『史記』呉王濞伝(ごおうびでん)
  • 使い方 / 例文:ここは人口の少ない小さな町だが、四方を囲む山と海のおかげでまさに鋳山煮海なのである。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう