【超軼絶塵】ちょういつぜつじん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[超軼絶塵]の意味です

  • 意 味:馬などが群れから抜け出て、非常に軽やかに速く走ること。優れた人物のたとえ。
  • 由来  / 語源:「超軼」は他よりもずば抜けてすぐれていること。「絶塵」は塵が一つも立たないほど、非常に速い速度で走ること。馬の群の中から一頭が非常に速く走りぬけるという意味から。「超逸絶塵」とも書く。
  • 出 典:荘子
  • 使い方 / 例文:放牧された馬の群れから超軼絶塵のサラブレットが飛び出した。
  • 類義語:
    絶類抜群(ぜつるいばつぐん)
    奔逸絶塵(ほんいつぜつじん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう