【天孫降臨】てんそんこうりん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[天孫降臨]の意味です

  • 意 味:神話(『古事記』と『日本書紀』)の中で、孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににぎのみこと)が国土平定のため、天照大神(あまてらすおおみかみ)の命を受けて、高天原(たかまがはら)から日向国(ひゅうがのくに:今の宮崎県)の高千穂(たかちほ)峰に天下ったこと。
  • 由来 / 語源「天孫」は天照大神の孫の瓊瓊杵尊のこと。「降臨」は神仏が天界から地上に天下ること。「降」は「ごう」とも読む。
  • 英訳 / 英語:Tenson kōrin
  • 出 典:『日本書紀』神代紀(じんだいき)
  • 使い方 / 例文
    ① 宮崎県には天孫降臨の地とされる高千穂をはじめ、数々の神話や伝説が残されている。
    ② いわゆる天孫降臨になる。この瑞穂国みずほのくにに降臨し、国をひらき、その直系が日本の皇室をつくっていく。(司馬遼太郎「義経」)
  • 類義語: 
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう