【陶潜帰去】とうせんききょ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[陶潜帰去]の意味です

  • 意 味:陶潜は世俗の煩わしさを嫌い、官を辞して故郷に帰った。このとき名文の「帰去来辞(ききょらいのじ)」を作ったという故事を四字句にしたもの。
  • 由来 / 語源:「陶潜」は東晋の詩人。字あざなは淵明えんめい。自然を愛し、叙景詩にすぐれたので田園詩人と呼ばれた。『蒙求(もうぎゅう)』の一句。
  • 【故事】 陶潜は彭沢ほうたくの県令(長官)となったとき、巡察の役人には礼装して応対しなければならないと聞き、五斗米の俸禄ほうろく(わずかな俸給の意)のために腰を折ることはできないと、職を辞して帰郷し、「帰去来辞」を書いたという故事による。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『晋書(しんじょ)』陶潜伝(とうせんでん)
  • 使い方 / 例文:陶潜帰去の思い / 陶潜帰去にならう
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう