【同病相憐】どうびょうそうれん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[同病相憐]の意味です

  • 意 味:同じ病気に苦しむ人々が、互いに同情し合うこと。また広く、同じ境遇で苦しむ者同士は、互いになぐさめ合うことをいう。
  • 由来 / 語源:一般に「同病どうびょう相あい憐あわれむ」と訓読を用いる。
  • 出 典:『呉越春秋』闔閭内伝(こうりょないでん)
  • 使い方 / 例文:
    ① たまには同病相憐することも必要だろう。
    ②「フム乙おつう山口を弁護するネ。やっぱり同病相憐れむのか。」(二葉亭四迷「浮雲」)
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう