【南無三宝】なむさんぼう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[南無三宝]の意味です

  • 意 味:仏・法・僧の三宝に帰依すること。または驚いたり失敗したりしたときなどに発する語。しまった。大変だ。なむさん。
  • 由来 / 語源:「南無」は経典や仏の名前の前につけて、絶対的な信頼を寄せて頼ること(梵語の音訳)。「三宝」は仏、仏の教え、教えをひろめる僧のこと。
  • 出 典: 
  • 英訳 / 英語:Homage to the Three Jewels
  • 使い方 / 例文:かつて人々は困った時に南無三宝と唱え、仏に助けを求めたのだという。
  • 類義語:
    帰依三宝(きえさんぽう)
    帰命頂礼(きみょうちょうらい)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう