【二桃三士】にとうさんし

《スポンサードリンク》
 

▼これが[二桃三士]の意味です

  • 意 味:「二桃、三士を殺す」といい、奇計で豪傑を自滅させるたとえ。
  • 由来 / 語源:【故事】 昔、中国斉(せい)の宰相晏嬰(あん えい)が、将来斉の国の憂いとなるであろう三勇者、公孫接(こうそんしょう) ・田開彊(でんかいきょう)・古冶子(こやし)を互いに争わせることをねらい、「三人のうち功の大きいもの二人に与える」と、二つの桃を斉王から贈らせた。公孫接・田開彊の二人が自分の功を誇って真っ先にその桃を手に入 れたが、実は古冶子の功が一番大きいことを知り、二人とも恥じて自害した。古冶子も、自分だけ生きているのは義に反すると後を追ったため、晏嬰の思惑通りになったという故事から。
  • 出 典:『晏子春秋』諫・下
  • 英訳 / 英語: 
  • 使い方 / 例文:二桃三士の故事に倣い、問題のある3人の部下に2つのポストを競わせてみることにした。
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう