【拈華微笑】ねんげみしょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[拈華微笑]の意味です

  • 意 味:言葉を使わずお互いが理解しあうこと。心から心へ伝わる微妙な境地・感覚のたとえ。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。
  • 【故事】 釈迦が霊鷲山(りょうじゅうせん)で弟子たちに仏法を説いたとき黙って大梵天王から受けた金波羅華(こんぱらげ金色の蓮の花)をひねって見せると摩訶迦葉(まかかしょう)だけがその意味を悟って微笑んだので釈迦は彼だけに仏法の心理を授けたと言う故事による。
    「拈華」は花をひねること。「花を捻りて微笑する」と訓読みする。
  • 英訳 / 英語: 
  • 使い方 / 例文:亭主がお茶を飲みたいとき、何も言わないのに奥さんがお茶を持ってくる。あの夫婦はまさに、拈華微笑の仲だ。
  • 類義語:
    以心伝心(いしんでんしん)
    教華別伝(きょうげべつでん)
    維摩一黙(ゆいまいちもく)
    拈華瞬目(ねんげしゅんもく)
    笑拈梅花(しょうねんばいか)
    教外別伝(きょうげべつでん)
    感応道交(かんのうどうこう)
    神会黙契(しんかいもっけい)
    不立文字(ふりゅうもんじ)
    黙契秘旨(もっけいひし)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:清少納言
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう