【放蕩三昧】ほうとうざんまい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[放蕩三昧]の意味です

  • 意 味:物事の極致に達すること。つまり、度が過ぎるほど気ままな生活をして酒や女におぼれること。
  • 由来 / 語源:酒や女におぼれること。「放蕩」はほしいままにすること。「三昧」は仏教で邪念を捨てて精神を集中すること。
  • 英訳 / 英語:being absorbed in self-indulgent pleasures / giving oneself up to debauchery and dissipation
  • 使い方 / 例文:父の兄は放蕩三昧が祟って体を壊し若くして亡くなったという話だ。
  • 類義語:
    淫虐暴戻(いんぎゃくぼうれい)
    放蕩不羈(ほうとうふき)
    放蕩無頼(ほうとうぶらい)
    流連荒亡(りゅうれんこうぼう)
  • 対義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう