【本地垂迹】ほんじすいじゃく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[本地垂迹]の意味です

  • 意 味:仏教で、日本の神々は、インドの仏や菩薩本体が人間を救うため、仮の姿となって出現したものだという考え方。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。「本地」は、仏・菩薩の本体。「垂迹」は、全ての生き物を救うために、その本体から仮の姿になって現れること。「本地垂跡」とも書く。
  • 出 典:『維摩経序』
  • 英訳 / 英語:Honji suijaku
  • 使い方 / 例文:日本では本地垂迹の考えの元、他国とは違う形で仏教が形成されていった。
  • 類義語:
    神仏混交(しんぶつこんこう)
    神仏混淆(しんぶつこんこう)
    神仏習合(しんぶつしゅうごう)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう