【満目荒涼】まんもくこうりょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[満目荒涼]の意味です

  • 意 味:目に見える限りの景色が、荒れ果ててものさびしいこと。
  • 由来 / 語源:「満目」は、目の届く限り。見渡す限り。「荒涼」は、荒れ果ててものさびしいこと。「涼」は、ものさびしい。
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文:雪の舞い狂う冬の海、満目荒涼とした風景の中に身をおいて、源氏は心まで凍ってゆきそうに思われる。(田辺聖子「新源氏物語」)
  • 類義語:
    寒山枯木(かんざんこぼく)
    秋風蕭条(しゅうふうしょうじょう)
    秋風落莫(しゅうふうらくばく)
    満目蕭条(まんもくしょうじょう)
    満目蕭然(まんもくしょうぜん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう