【三日天下】みっかてんか

《スポンサードリンク》
 

▼これが[三日天下]の意味です

  • 意 味:政権や実権を握っている期間が非常に短いことのたとえ。
  • 由来 / 語源:明智光秀が本能寺で織田信長を倒してから、わずか十三日で秀吉に倒されたことから、権力や地位を得た期間のきわめて短いことをいう。「みっかでんか」とも読む。
  • 英訳 / 英語: 
  • 使い方 / 例文:よしんば勝ったところで、所謂三日天下であって、ついには滅亡するものの如く、われわれは教えられてきているのである。(太宰治「如是我聞」)
  • 類義語:
    三日大名(みっかだいみょう)
    短期政権(たんきせいけん)
  • 対義語:
    長期政権(ちょうきせいけん)
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★★★ 書く★★★
  • この四字熟語の連想キーワード:明智光秀
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=