【無間奈落】むげんならく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[無間奈落]の意味です

  • 意 味:仏教で、八大地獄の一つ。五逆罪(父・母・阿羅漢を殺すこと、僧侶の和合を破り仏教修行を妨げること、仏身を傷つけること)を犯したものが、絶え間ない苦しみを受けるという地獄。地獄の中でも最もそこの方にあり、最も苦しい地獄。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。「無間」は、すきまがないこと。ここでは、苦しみの絶え間がないこと。「奈落」は、梵語からの音訳語で、地獄。「むけんならく」とも読む。
  • 使い方 / 例文:血の池や、針の山や、無間奈落という白い煙のたちこめた底知れぬ深い穴や、 (太宰治「思い出」)
  • 類義語:
    阿鼻叫喚(あびきょうかん)
    阿鼻地獄(あびじごく)
    叫喚地獄(きょうかんじごく)
    焦熱地獄(しょうねつじごく)
    八大地獄(はちだいじごく)
    八万地獄(はちまんじごく)
    八万奈落(はちまんならく)
    無間地獄(むげんじごく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=

       
       



[2022年_令和4年] 関連リンク

2022年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2022年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2022年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2022年の《人生運》を四字熟語で占おう