【明眸皓歯】めいぼうこうし

《スポンサードリンク》
 

▼これが[明眸皓歯]の意味です

  • 意 味:ぱっちりした明るい瞳と真っ白に輝く歯の意。目元、口元の美しい美人の形容。
  • 由来 / 語源:杜甫(とほ)が楊貴妃(ようきひ)の美しさを偲んで詩に用いた語。
  • 出 典:杜甫 『江頭に哀しむ詩』
  • 使い方 / 例文:振り向いて見ると、月光を浴びて明眸皓歯、二十ばかりの麗人がにっこり笑っている。(太宰治「竹青」)
  • 類義語:
    曲眉豊頬(きょくびほうきょう)
    朱唇皓歯(しゅしんこうし)
    蛾眉皓歯(がびこうし)
    仙姿玉質(せんしぎょくしつ)
    氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=