【目指気使】もくしきし

《スポンサードリンク》
 

▼これが[目指気使]の意味です

  • 意 味:言葉でなく、目で合図したり顔色で示したりして、自分より目下の者を指図し、こき使うこと。また、勢い盛んで、傲慢(ごうまん)な態度のことをいう。
  • 由来 / 語源:「目指」は目くばせで、人を指図し使うこと。「気使」は口にすることなく、手ぶりで人に命令すること。
  • 【故事】中国前漢の貢禹こううは、「行為が犬や豚のようであっても、裕福な家で勢い盛んであるならば、目くばせや顔つきだけで目下の者をこき使い、このようなことをすぐれたこととしている」と元帝に上書したという故事から。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『漢書』貢禹伝(こううでん)
  • 用 例: 
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=