【野蛮草昧】やばんそうまい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[野蛮草昧]の意味です

  • 意 味:文化が遅れ、世の秩序が乱れていること。
  • 由来 / 語源:「野蛮」は、人知が開けず、文化の遅れていること。「草昧」は、世の秩序が乱れたままで、天下の定まらないときをいう。「草」は、ここでは、始め。「昧」は、暗い。
  • 使い方 / 例文:孔子の時代は、明治を去ること二千有余年、野蛮草昧の世の中なれば、教えの趣意もその時代の風俗人情に従い、(福沢諭吉『学問のすすめ』)
  • 類義語:
    被髪左衽(ひはつさじん)
    未開野蛮(みかいやばん)
    野蛮未開(やばんみかい)
  • 対義語:
    文明開化(ぶんめいかいか)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう