【洛陽紙価】らくようのしか

《スポンサードリンク》
 

▼これが[洛陽紙価]の意味です

  • 意 味:著書が世の人々に賞賛され、盛んに売れて読まれることをいう。
  • 由来 / 語源:「洛陽」は地名、「紙価」は紙の価格のこと。
  • 【故事】 晋の左思(さし)が「三都の賦」を作ったとき、張華はこれを大いに称賛した。人々は争ってその詩を書写したので洛陽(らくよう)の紙の値段は高騰したという故事から。 「洛陽の紙価を高める」「洛陽の紙価を高らしむ」。
  • 出 典:『晋書・文苑・左思伝』
  • 英訳 / 英語: 
  • 使い方 / 例文: 
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう