【乱筆乱文】らんぴつらんぶん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[乱筆乱文]の意味です

  • 意 味:勝手なことをいい加減に書くこと。
  • 由来 / 語源:「乱筆乱文多謝」「乱筆乱文失礼」などの形で、手紙の最後に用いられることが多い。
  • 使い方 / 例文:
    ① 弟が送ってきた手紙のあまりの乱筆乱文ぶりに怒りを通り越して呆れ果ててしまった。
    ② いろいろ面倒な御願いで恐縮だが、なにとぞよろしく。乱筆乱文多謝。(太宰治『虚構の春』)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう