【竜蟠虎踞】りゅうばんこきょ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[竜蟠虎踞]の意味です

  • 意 味:竜がとぐろを巻き、虎がうずくまるように、抜きんでた能力を持つ者がある場所にとどまり、権勢を振るうことのたとえ。また、ある地域で、すぐれた能力を存分に発揮すること。
  • 由来 / 語源:「蟠」は居座る意、「踞」は座る意。本来は険しい地勢のたとえとして用いられていたが、転じて現在の意味になった。「りょうばんこきょ」とも読む。
  • 出 典:『太平御覧』
  • 使い方 / 例文:文芸の野は互に竜蟠虎踞して将に風雲を齎らさんとし、(内田魯庵『復活』)
  • 類義語:虎踞竜蟠(こきょりゅうばん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう