【六道輪廻】ろくどうりんね

《スポンサードリンク》
 

▼これが[六道輪廻]の意味です

  • 意 味:人間の霊魂が、六道の世界に転々と生を受け、永遠に迷い続けること。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。現在は「六道輪回」とも書く。
    「六道」は、人間がそれぞれの業によって死後に赴き住む六種の世界。天上、人間、修羅、地獄、餓鬼、蓄上。「輪廻」は、生命のある全てのものの霊魂が、六道に転々と生を受け、永遠に迷い続けること。
  • 使い方 / 例文:また私はここで仏法の六道輪廻を思いみる。インドには、殊にシャカムニの生国としてのインドには、そもそもから進歩などという想念はなかったろう。(唐木順三『死の灰についてのひとりごと』)
  • 類義語:
    輪廻転生(りんねてんしょう)
    流転輪廻(るてんりんね)
    六趣輪廻(ろくしゅりんね)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう