【老驥伏櫪】ろうきふくれき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[老驥伏櫪]の意味です

  • 意 味:英雄が年老いてもなお高い志を持ち続けることのたとえ。
  • 由来 / 語源:年老いた駿馬は、使われないで馬小屋の中に寝ていても、なお千里を駆ける気概をもつことから。
    「老驥」は、年老いた駿馬。年とった英雄のたとえ。「伏櫪」は、馬が馬小屋の中で寝ていること。才能を現さずに埋もれていることのたとえ。「老驥(ろうき)、櫪(き)に伏(ふ)す」と訓読みする。
  • 出 典:曹操 『歩出夏門行』
  • 使い方 / 例文:さりながら老驥伏櫪の志は相止み申さず折節不審の義有之候へども本科は格別同業の者には海内に承り及び候者もこれなく候。(有吉佐和子『華岡青洲の妻』)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=