《連想四字熟語》NARUTO -ナルト-から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》
 

▼これがNARUTO -ナルト-から連想する四字熟語です

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

一意攻苦(いちいこうく)

一つのことに全身全霊をもって打ち込み、苦しみながら、克服しようと努力することを、「一意攻苦」といいます。

岸本斉史原作の漫画「NARUTO -ナルト-」の主人公、うずまきナルトは、生まれた直後に、九尾という恐ろしい獣を自らの体に封印されるという、重い宿命を背負わされた孤児でした。

一人前の忍者になるために修行をしていますが、あまり成績がよくない上に、かつて九尾に苦しめられていた大人達に白眼視され、守ってくれる家族もないため、やり場のない寂しさから、粗暴な振る舞いをする問題児となっていました。けれども、数少ない理解者の支えもあって、すぐれた忍者になろうと心に決め、まさに一意攻苦しながら、次々に襲いかかる試練に打ち勝ちます。

② 邂逅遭遇(かいこうそうぐう)

偶然の出会いを、「邂逅遭遇」といいます。

自らの体に九尾を封印されてしまったことから、ナルトは数奇な運命を決定づけられてしまいます。それは、生まれたばかり子どもにとっては、この上なく不幸な巡り合わせでしたが、ナルトはその運命を、自らの力と、多くの人々との出会いによって、乗り越えていくことになります。

その邂逅遭遇は、偶然であるかもしれませんが、ある意味、ナルトの持って生まれた強さの一つであったのかもしれません。

破天荒解(はてんこうかい)

誰にも出来なかったようなことを、はじめて成し遂げることを、「破天荒解」といいます。

ナルトは優れた才能を秘めてはいたものの、修行中は決して優秀ではなく、勉強はできず、常に落ちこぼれて、周囲からもバカにされ続けていました。

けれども難事にぶつかると、型にはまらない柔軟な思考と、とてつもない行動力によって、誰も思いつかないような破天荒解な力を発揮して見せます。理解されにくい天才肌と言えるかもしれません。

《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう