【食馬解囲】しょくばかいい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[食馬解囲]の意味です

  • 意 味:恩義を受けたことのある人が、恩人が危機に陥った時に助けに行くこと。
  • 由来 / 語源:「馬(うま)を食(く)らいて囲(かこ)みを解(と)く」と訓読する。
  • 【故事】中国の秦の穆公は、逃げた愛馬を探していると、野人が馬を捕らえ食べようとしていたが、穆公は野人の気持ちを察して馬だけでなく酒も出してやった。その後、穆公が戦争で危機に陥ると、駆けつけた野人のおかげで穆公は戦争に勝利したという故事から。
  • 出 典:『呂氏春秋』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文
    ① 恩がある友人がいま窮地に立たされている、食馬解囲だ、ここは私の出番だろう。
    ② 学生時代に大変お世話になった先輩が困っている今こそ、我々後輩一同で食馬解囲する時だろう。
  • 類義語: 
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=