【吟風弄月】ぎんぷうろうげつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[吟風弄月]の意味です

  • 意 味:自然の風景を題材に詩歌を作ること。
  • 由来 / 語源:風に吹かれながら詩を吟じ、名月を眺め楽しむという意から。「吟風」は、風に吹かれながら詩を吟ずる。「弄月」は、名月を眺め楽しむこと。「風(かぜ)に吟(ぎん)じ月(つき)を弄(もてあそ)ぶ」と訓読する。
  • 出 典:『伊洛淵源録』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文彼はロックミュージシャンであるが、吟風弄月し曲想を得るという、風流な面を持っていた。
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=