【連理之枝】れんりのえだ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[連理之枝]の意味です

  • 意 味:深い愛情で結ばれた男女のこと。
  • 由来 / 語源:「連理」は別々の木の枝と枝が結合して一体化した枝のこと。 二本の木は根や幹は別だが、それぞれの枝が寄り添いかさなり合い、 長い年月が経つ間につながって一つになっているもの。 転じて、夫婦や男女の契りの深いことのたとえ。 中国唐代の詩人白居易(はくきょい)の「長恨歌」の一節で、 玄宗皇帝が最愛の楊貴妃に語ったと詠われていることば、 「天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん」から。「比翼の鳥」「比翼連理」ともいう。
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文
  • 類義語:
    鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
    偕老同穴(かいろうどうけつ)
    関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
    琴瑟相和(きんしつそうわ)
    比翼連理(ひよくれんり)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=