【一読三嘆】いちどくさんたん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一読三嘆]の意味です

  • 意 味:すばらしい詩文などを読んで、非常に感銘を受けること。また、そのような詩文や本のたとえ。
  • 由来 / 語源一度読んで幾度も感嘆する意から。「三」は何度もという意味。「嘆」は感心して褒め称える、感嘆という意味。
  • 出 典:
  • 英 訳:a reading leaves one with ceaseless sighs of admiration
  • 使い方 / 例文彼は司馬遼太郎の本を呼んで一読三嘆した。
  • 類義語:一倡三歎(いっしょうさんたん)
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=