【格物究理】かくぶつきゅうり

《スポンサードリンク》
 

▼これが[格物究理]の意味です

  • 意 味:一つ一つの事物について調べ、道理や法則を深く追求すること。
  • 由来 / 語源:「格物」は、物事の道理をきわめること。「究理」は、物事の道理や法則を明らかにすること。
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文彼の心に描く「黒船」とは、およそ三つのものを載せて来る。耶蘇教はその一つ、格物究理の洋学はその一つ、交易による世界一統もまたその一つである。(島崎藤村『夜明け前』)
  • 類義語:
    格物致知(かくぶつちち)
    致知格物(ちちかくぶつ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:徳川吉宗
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=