【瓜田李下】かでんりか

《スポンサードリンク》
 

▼これが[瓜田李下]の意味です

  • 意 味:人に疑われるようなことはするなというたとえ。疑いを受けるような状況に身を置いてはならないという教え。
  • 由来 / 語源「李」は、すもものこと。疑われるようなことをするなという意味の語を2つ合わせたもの(「瓜田に履を納れず」=瓜畑で履物を直すと瓜を盗もうとしているのかと疑われるから、そういうことはしない。「李下に冠を正さず」=李の木の下で冠を直すと、李を盗むのではないかと疑われるから、それもしない)。「李下瓜田(りかかでん)」とも言う。
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文あっちが顔のいい上にあんなにはねッ かえりで、瓜田李下の嫌疑なんぞにかまわないところへ(三宅花圃 『藪の鶯』)
  • 類義語:
    瓜田之履(かでんのくつ)
    李下之冠(りかのかんむり)
    悪木盗泉(あくぼくとうせん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=