【虚往実帰】きょおうじっき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[虚往実帰]の意味です

  • 意 味:師などから無形の感化や徳化を受けるたとえ。
  • 由来 / 語源:「虚往」は頭の中を空にして出掛けること。「実帰」は十分に満たして帰ること。知識が全くない状態で出掛けて、出掛けた先でたくさんの教えを受け、十分に満たされて帰るという意味から。「虚にして往き実にして帰る」とも読む。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『荘子』徳充符(とくじゅうふ)
  • 使い方 / 例文:虚往実帰となることを夢見て、師となる人物を探しつづけている。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=