【君子豹変】くんしひょうへん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[君子豹変]の意味です

  • 意 味:信念を持たずに考えや態度をあっさりと変えること。
  • 由来 / 語源:元は「人格者は間違いをすぐに認めて改める」という良い意味で使われていたが、現在は悪い意味で使われることが多い言葉。「豹変」は、豹のまだら模様が秋に美しくなることから、変わり身が早いことをいう。「君子」は、教養や徳の高い立派な人物。
  • 出 典:『易経』
  • 英 訳:A wise man changes his mind sometimes, a fool never. (賢人は考えを変えることがあるが愚者は絶対に変えない。=君子豹変す )
  • 使い方 / 例文一番彼等が機関となって兎も角も議院に出た上では翻然旗色を替えて君子豹変と出かくる積りで承知したで有ろうが、(福地桜痴『増訂もしや草紙』)
  • 類義語:
    大賢虎変(たいけんこへん)
    大人虎変(たいじんこへん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=