【報本反始】ほうほんはんし

《スポンサードリンク》
 

▼これが[報本反始]の意味です

  • 意 味:根本に立ち返ってその恩を改めて肝に銘ずる。天地や先祖の恩恵や功績に感謝し、これに報いる決意を新たにすること。
  • 由来 / 語源:「本」と「始」は物事の一番初めのもの。「報」と「反」はふさわしい恩返しすること。自分自身が存在するに至った根源の全てのものに報いようとする気持ちをいう言葉。「本に報い始めに反る(ほんにむくいはじめにかえる)」とも読む。
  • 出 典:『礼記』「郊特性」
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文:風俗画報‐五〇号〔1893〕論説「報本反始の徳性を養ふて忠厚の心を生ぜしむるに至りて」
  • 類義語:報恩謝徳(ほうおんしゃとく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=