《連想四字熟語》売れるネット広告社から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》
 

▼これが売れるネット広告社から連想する四字熟語です

《連想四字熟語》売れるネット広告社から連想する3つの四字熟語

一騎当千(いっきとうせん)

一人で千人の敵に対抗することができること、人並みはずれた技術や経験のあることを「一騎当千」といいます。

売れるネット広告社(以下ネット社)の社長である加藤公一レオ氏は、ブラジル生まれのアメリカで育ち。18歳から来日、三菱商事やADKなど大企業でビジネスの腕を磨き、34歳で同社を起業。今では数多くの競合を退け、国内大手メーカー通販の7割以上のコンサルを手がけるというスゴ腕社長。

広告・マーケティング業界のオリンピックと称される「アドテック」では、過去3回人気スピーカー1位に選ばれるなど、まさに「一騎当千」の実力を誇ります。レオ氏へのコンサル料金は2時間50万円。にもかかわらず相談者が後を絶たないのも、彼の実績や対外的な評価からすればうなずける話です。

量才録用(りょうさいろくよう)

人がもっているすぐれた才能をよく見はからって、その能力を十分に生かすことを「量才録用」といいます。

2010年に小さなワンルームマンションでたった二人から始まったネット社は、現在社員数も10倍以上に増え、売上も毎年右肩上がり。徹底した実力主義かつ魅力的な報酬が得られる同社には、全国から優秀な人材が集います。

同業トップ広告マン、元クライアント、高学歴の元ギャル男などその顔ぶれも多彩で、さらに女性社員はみな美人揃いと、高いモチベーションを維持しながら自己成長ができる職場環境といえるでしょう。

人材が集まり、社員の能力を十分に生かすことができるのも、「人の2倍働き、人の2倍売上を稼ぎ、人の2倍年収を稼ぐ」という同社の価値観が浸透しているからこそなのかもしれません。

豪華絢爛(ごうかけんらん)

はなやかに豊かで、光輝くように美しいさまを、「豪華絢爛」といいます。

圧倒的な知識と非常識な行動で、もっと“売れる”もっと“バブリー”な世界を創る」。

これはネット社の企業理念です。時代錯誤ともとらえられかねない“バブリー”というフレーズ。しかし、高い給与額、ゴージャスなオフィス、毎年海外への社員旅行(宿泊先も豪華!)など、同社はことごとく体現しています。

会社の粗利を20億円にするか、49歳になれば引退すると公言するレオ氏。当面の間、バブリーでイケイケドンドンは止まりそうにありません。

[Data] 株式会社売れるネット広告社
[amazonjs asin=”4478028591″ locale=”JP” title=”<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み”]
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=