《連想四字熟語》SLAMDUNK(スラムダンク)から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》
 

▼これがSLAMDUNKから連想する四字熟語です

《連想四字熟語》SLAMDUNK(スラムダンク)から連想する3つの四字熟語
※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

一念発起(いちねんほっき)

あることを成し遂げようと、強く決意することを、「一念発起」といいます。

井上雄彦原作の漫画「スラムダンク」は、バスケットボールに青春をかける高校生達の成長と友情を描いた作品です。

主人公の桜木花道は、髪の毛を真っ赤に染めた不良少年で、運動部にも何の興味もありませんでしたが、バスケ部主将の妹に入部を勧誘されたことから、その妹目当てにバスケ部に入部します。

けれども高い身体能力と、生まれ持った天才的なスポーツのセンスが開花するにつれ、バスケの魅力に気づいていった花道は、ひたむきに練習をつづけ、仲間とともに勝利を目指すようになります。

粗暴ながらも、まっすぐな心で一念発起した花道の存在は、仲間たちにも強い影響を与え、チームの牽引力となっていきます。

苦口婆心(くこうばしん)

相手を気遣い、よく教え諭すことを、「苦口婆心」といいます。

桜木花道が所属する、湖北高校バスケ部の監督、安西先生は、部員達に多くを語る指導者ではありませんが、教え子たちの健やかな成長を願う心から、要所要所で、重い意味を持つ語りかけをします。

「あきらめたら、そこで試合終了だよ」に代表される、「苦口婆心」ともいうべき、安西先生の「語録」は、漫画の連載が終わった今も、読者の心に残り、愛され、ネットなどでも繰り返し語られています。

一味同心(いちみどうしん)

同じ目的を持って集まり、心を一つにして何かを成し遂げようとする仲間を、「一味同心」といいます。

桜木花道の入部した、湘北高校バスケットボール部は、個性の強い部員ばかりで、気の合う者同士もいれば、反発して離脱していた者もいて、決して最初からチームワークのよい集団ではありませんでした。

けれども、バスケをしたい、試合に勝ちたいという思いが重なり合い、最高の力を出すことのできるチームへと成長を遂げています。

インターハイでは、桜木花道の負傷後、あっさりと試合に負けてしまいますが、心を一つにした経験は、部員全員に、より大きく成長する勇気と力を残しました。

[Book] 井上雄彦作品の神懸かり的バスケ漫画
[amazonjs asin=”B00EH9AMGM” locale=”JP” title=”SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)”]
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=