経験者が語る!【漢検3級】合格のための勉強法3つのポイント

スポンサーリンク

経験者が語る!【漢検3級】合格のための勉強法3つのポイント

漢検合格には、合格するための「勉強法」があります。ここでは、実際の漢検受験経験者だから語れる実践的な勉強法を3つのポイントに絞って紹介します。

① 勉強前に過去問を一度解く!

漢字検定3級は中学校卒業レベルだと言われています。

出題パターンは4級とほぼ変わらないので、4級を受けたことがある方は対策がしやすいでしょう。3級に合格するためには全体の70%以上の正答率が求められます。

対策は市販の問題集で構いませんが、勉強を始める前に過去問を一度受けてみて、難易度や苦手分野を実感すると勉強の計画が立てやすくなります。試験の日程から逆算して、試験数日前に問題集をすべて終わるように計画を立てます。休息日を必ず設けてやる気を持続させることも大切です。

② 書き取り・読み・同音・同訓異字を重点的に!

書き取り・読み・同音・同訓異字の順で配点が高く、これらだけで200点中100点分ありますので、ぜひ重点的に勉強しましょう。問題集はその日の分を行って間違えた部分に印をし、次回勉強するときに前回のミスを確認しておきます。

見て確認しただけでわかった気になりがちですが、漢字は手を動かして実際に書くことで正しく記憶することができるので、どんどんノートに書き写しましょう。自分が間違えた漢字や知らなかった読み方・熟語などをまとめたノートを作って頻繁に見直すこともおすすめです。

③ 正答率が低い分野の復習を重点的に!

市販の問題集を一通り勉強したら、間違った問題だけをもう一度復習してから時間を計って過去問を解いてみましょう。過去問を解くことで本番の形式に慣れる効果があります。

過去に出た漢字がもう一度出題されることもありますので、間違えた問題を復習することも忘れないようにしましょう。過去問で正答率が低かった分野を重点的に復習して本番に臨みましょう。