【大旱雲霓】たいかんうんげい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[大旱雲霓]の意味です

  • 意 味:ひどく待ち焦がれること。また、苦しいときに援助を強く待ち望むことのたとえ。
  • 由来 / 語源:日照りが続いたときに、雨雲が集まり雨が降り、虹が出るのを待ち望むということから。「大旱」は、ひどい日照り。「雲霓」は、雨雲と虹。「大旱(たいかん)の雲霓(うんげい)を望む」の略。
  • 出 典:『孟子』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文「有川君かい?好丈夫来たる何ぞ遅きや。君を待つ声大旱雲霓の如しだ」と地方訛りの黄色い声は云った。(内田魯庵『くれの廿八日』)
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=