【桑土綢繆】そうどちゅうびゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[桑土綢繆]の意味です

  • 意 味:災難を未然に防ぐために、事前に準備しておくこと。
  • 由来 / 語源:鳥は風雨が来る前に、桑の根で巣穴をふさいで風雨に供えることから。「桑土」は、桑の根。「綢繆」は、糸などを絡めて結ぶこと。
  • 出 典:『詩経』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文天災は忘れたころにやってくる。常に桑土綢繆に励め。
  • 類義語:
    綢繆未雨(ちゅうびゅうみう)
    有備無患(ゆうびむかん)
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=