【晨星落落】しんせいらくらく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[晨星落落]の意味です

  • 意 味:明け方の空の星が次々に消えていくように、年をとって同年輩の友人や身近な人がしだいに少なくなること。
  • 由来 / 語源:「晨星」は、明け方の空に残る星。また、少ししかないことのたとえ。「落落」は、まばらでもの寂しいさま。「落落晨星(らくらくしんせい)」とも言う。
  • 出 典:劉禹錫の詩
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文楽しかったはずの同窓会も回を重ねるたびに晨星落落を感じざるを得ず、とても寂しい。
  • 類義語:落落晨星(らくらくしんせい)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=